WordPressの設定をカスタマイズする

お気に入りのWordPressのテーマを見つける

投稿日:

こんにちは、ぐだおです。

今日は「WordPressのテーマを変える」の続きであなたのお気に入りのWordPressのテーマを見つける方法について書いていきます。

どうやってお気に入りのWordPressのテーマを見つけるのか?

WordPressはテーマを変えることでおおまかなホームページの外観を簡単に変えることができます。そのへんについては以前に書いた「WordPressのテーマを変更する」をご参照ください。だけどテーマの数というのは何千もあるので、自分のお気に入りのテーマを見つけるのはそう簡単なことではありません。以前の記事でテーマを条件絞り込みでみつけるやり方について書きましたが、もっと手っ取り早く自分のお気に入りのテーマを見つける方法がいくつかあります。

ネットで人気のあるテーマを探してみる

まず一つ目はネット検索ですね。「WordPress テーマ おすすめ/人気」などで検索してみましょう。たくさんページがヒットしてきたと思います。おそらく「WordPressおすすめテーマ20選」とか「WordPressテーマ厳選30選」とかいうサイトが出てくることでしょう。ただ実際にそれらのページを見てもらうと分かるのですが、有料のテーマへと誘導してくるアフィリエイト系のサイトだったりすることが結構多くあります。確かに、有料テーマは機能が充実していたり、カスタマイズが容易ではあるという利点はありますが、とりあえずホームページを立ち上げたいという目的にはそぐわないですよね。
あと、そのページで紹介されているテーマ数が多い割に、個人によって好みというのは大きく異なるので、意外に自分のお気に入りのテーマがその中で見つからなかったりします。
ちなみにこの記事の執筆時点で使っているSTINGER8は初心者にオススメみたいな記事を読んで選びました。STINGER8はなかなか良いと思いますが、とてもシンプルなので自分の好みに近づけるためにはそれなりのカスタマイズが必要です。
というわけで次の方法です。

他の人はどのWordPressのテーマを使っているのか?

二つ目はもっと直接的で簡単です。あなたがホームページを作ろうと思ったきっかけになったページや自分がオシャレだと思っていた他のページのテーマを真似しよう、ということです。私見ですが、個人ページの7−8割ぐらいはWordPressで作成されています。人には誰しも自分のお気に入りのページがあることと思います。で、あなたが大好きなそのページはたいていWordPressで作られています。言い方は悪いですが、そのページのデザインをパクってしまうのが、自分の理想のページデザインへとたどりつく近道です。というわけで、他の人が使っているテーマの調べ方について簡単に書きます。
これも「WordPress テーマ 調べ方」とかで検索したらいくらでもヒットすると思います。世の中は便利で、目的のページがどのWordPressテーマを使っているのか教えてくれるサイトや、教えてくれるブラウザの拡張(アドオン)が提供されていたりします。それらで調べても良いですが、もっと簡単なのはページのソースを調べることですね。ページのソースはそのページの元となるHTMLファイルのことです。私が使っているMac版のFirefoxだとツール–>ウェブ開発–>ページのソースでたどり着けます(各ブラウザでのソースの表示法は別途調べてください)。そのソースの中でwp-content/themes/の後ろに書かれているものがそのページで使っているテーマになります。もしくはstyle.cssの前に書いてあるものといってもよいでしょう。
試しに私の現在のページで見るとwp-content/themes/stinger8と表示されます。
この方法で大半のWordPressサイトのテーマを調べられるはずです。それでもわからない場合は上記の便利なサイトやツールを使ったら分かるかもしれません。ただし、当然、WordPressで開発されていない場合には分かりませんし、WordPressで開発されていたとしても(有名ページであればあるほど)有料テーマを使っている可能性が高いです。が、とても簡単なので試しにいくつかのサイトで調べてみたらいかがでしょうか。

おわりに

この記事はあなたのホームページのデザインを誰かのページのデザインそのままにすることを推奨するものではありません。というか、大抵のページは基本テーマから色々とカスタマイズしているので、同じテーマにしただけではまったく同じデザインにはなりません。その辺はWordPressの基本設定のところでも書きましたが、このカスタマイズの自由度が比較的高いことがWordPressの魅力でもあります。誰かのページのデザインからスタートしたとしても、あなたの趣味やセンスが反映されることによって、あなたのページのデザインはあなたオリジナルのものになることと思います。そのための助けに少しでもなれば嬉しく思います。では。。。

-WordPressの設定をカスタマイズする

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

WordPressのテーマを変える〜応用編:STINGER8〜

こんにちは、ぐだおです。 今日はzipファイルを元にWordPressのテーマを変更する方法について紹介します。WordPressは非常に多くのテーマが使えるところが魅力です。このテーマの変更方法につ …