ホームページの立ち上げ

ぱぱっとホームページをつくる(2)ホームページを保管するサーバを借りる

投稿日:2018年5月23日 更新日:

こんにちは、ぐだおです。

今日は(2)ホームページを保管するサーバを借りるについて書いていきます。

(2)レンタルサーバーと契約しよう

(2−1)そもそもサーバーって何?

前回までで独自ドメインを取得できましたが、これはあくまで住所を取得したようなものなわけで、実際には上物となる家=ホームページを作っていかなければなりません。
ホームページは電子情報なので実体はないとはいえ、その電子情報を保管する場所が必要になります。
その保管する場所をサーバーと呼びます。みんな大好きWikipediaによると

>サーバあるいはサーバー(英: server)は、サービスを提供するコンピュータである。コンピュータ分野のクライアントサーバモデルでは、クライアントからの要求に対して情報や処理結果を提供する機能を果たす側のコンピュータやソフトウェアを指す。本稿ではこの意味で記載する。

サーバにはファイルサーバ、メールサーバ、Webサーバなど多数の用途や種類がある。更にサーバ用のコンピュータ機器(ハードウェア)などもサーバと呼ぶ場合がある。
(Wikipediaより)

知識がある方なら、自分の家でPCを自宅サーバーとして運用するのも良いかもしれませんが、自分でカスタマイズできたり情報を外に出す必要がないというメリットを除けば、手間やコストといった面でデメリットしかありません
というわけで、普通はいろんな会社が提供する共用のレンタルサーバーを借りることになります。

(2−2)レンタルサーバーどこの会社が良いの?

ここから簡単に有名なレンタルサーバーを紹介していきます。

それぞれのサービスが色んなプランを提供していますが、自分が作るホームページの目的に応じた「十分なサービス」「リーズナブルな費用で提供している」ところを選ぶことが重要かと思います。
1日あたりの通信量は十分か、通信速度は十分か、サーバーの容量は十分か、いくつのサイトを運営可能かといったところですね。

セキュリティやサポート、安定性や、管理画面の使いやすさについては有名どころでどこも十分なサービスを提供しており、大きな差はないように感じます。
あと、次回以降に説明しますが個人ページでも最低限のSSLは実装する必要がありますので、独自SSLが無料で使えるサービスにしておいた方が良いと思います。
あとこのページではWordPressでホームページを作成することを前提としていますので、WordPressがインストール済みか、もしくはかんたんインストール可能なものが良いですね。
WordPressはデータベースとしてMySQLを利用するので、使用可能なMySQLの数=作れるWordPressサイトの数になります。

お名前.comサーバー
GMOが運営するサーバーですね。お名前.comでドメインを取得してお名前.comサーバーをレンタルするとドメイン取得費やサーバーの初期費用が抑えられるのでお得です。独自SSLも標準搭載ですね。ただしプランは月額900円のものだけでディスク容量は200GB、データベース(MySQL)50個ですね。WordPressも簡単にインストールできます。

ロリポップ!
私も使用しているロリポップですね。GMOペパボが運営しています。月額108円、270円、540円、2160円のプランがあり初心者向きです。
月額108円のものは無料SSLやWordPressが使えないので、個人ページの作成には月額270円のライトか540円のスタンダードプランが対応します。これらだと独自SSLなら無料で使えますし、WordPressも簡単にインストールできます。ライトだとディスク容量が50GB、転送量が60GB/日、MySQLは1個なのに対し、スタンダードだとディスク容量が120GB、転送量が100GB/日、MySQLは30個ですね。あとスタンダードだとPHPのモジュール版が使えるため動作速度が高速になります。私はこのライトプランを今のところ契約しています。様子をみてスタンダードに変更予定です。転送速度もそれなりに速く、通信もとても安定しているのでオススメです。初期費用が1620円かかります。

ヘテムル
ロリポップ!と同じGMOペパボが運営する高機能サーバーです。月額800円のベーシックでディスク容量が200GB、転送量が80GB/日、MySQLは70個ですね。ロリポップのスタンダードより少し高機能という感じですね。当然、無料SSLも使えますし、WordPressも簡単にインストールできます。ロリポップ!のスタンダードでは少し物足りないという方は選択肢になるかと思います。サーバーのCPUやメモリの性能がロリポップより遥かに良いので転送速度は高速です。これが候補になる人はエックスサーバーも候補になると思います。ちなみに初期費用は2160円かかります。

XREA
Value Server
CORESERVER
これらはバリュードメインを運営するGMOデジロックが運営しています。
まずはXREAから。XREA Plusプランだと月額わずか~200円で、ディスク容量が64GB、転送量が64GB/日、MySQLは5個あります。初期費用も無料です。無料SSLは使えますが、WordPressのインストールが少し面倒なので初心者向けではないかと思います。

次にValue Server。月額180円のエコと月額360円のスタンダードが個人向けです。初期費用はエコが1000円でスタンダードが2000円ですね。エコだとディスク容量が50GB、転送量が~150GB/月*、MySQLは1個で、スタンダードだとディスク容量が100GB、転送量が~300GB/月*、MySQLは無制限ですね。転送量が快適に使える容量の目安なので正確には分かりませんが、他のサービスと比較すると少なめなような気がしますね。ただ、その分少し安いです。独自SSLは無料で使えますし、WordPressも簡単にインストールできます。

最後にCORESERVER。月額198円のCORE-MINIと月額397円のCORE-A、月額785円のCORE-Bが個人向けです。初期費用は無料です。こちらも独自SSLは無料で使えますし、WordPressもインストールできます。MINIだとディスク容量が60GB、転送量が無制限、MySQLは10個で、Aだとディスク容量が120GB、転送量が無制限、MySQLは無制限ですね。Bだとディスク容量が240GB、転送量が無制限、MySQLは無制限ですね。

一見すると費用の割に良さそうに見えるValue ServerやCORESERVERですが、サポートがあまり充実してないことや管理画面が使いにくいなどの評判があり、初心者にはあまりオススメではないようです。中級者や玄人向けですね。

Star Server
スタードメインのネットオウルが運営するレンタルサーバーです。月額250円のライトか月額500円のスタンダードが個人向けですね。どちらも独自SSLなら無料で、WordPressのインストールも簡単です。ライトだとディスク容量が50GB、MySQLは1個なのに対し、スタンダードだとディスク容量が100GB、MySQLは20個ですね。転送量に関する情報は見つかりませんでした。転送速度が格安サーバーの中では特に速く、初心者にも使いやすいのでオススメです。スタードメインと同様ネットオウルポイントもたまります。初期費用が1500円かかることも含めて価格面はほぼロリポップ!と同じですね。

さくらインターネット
老舗のレンタルサーバーですね。WordPressが使える個人向けプランは月額429円のスタンダードプランですね。こちらはディスク容量が100GB、MySQLは20個ですね。初期費用が1029円かかります。独自SSLなら無料です。ただ、WordPressのインストールが面倒で使い勝手もあまりよくありません。転送速度も遅いという評判が多く、個人ページの使用者があえて使うものでもないようです。

エックスサーバー
高機能サーバーとして人気のあるエックスサーバーですね。高機能サーバーなので一番安いプランがX10の月額900円になります。初期費用は3000円です。X10はディスク容量が200GB、MySQLは50個ですね。サーバーが安定しており格安サーバーと比較すると圧倒的に高速です。独自SSLも無料でつかえ、WordPressも簡単インストールできます。サポートも充実してます。最低プランが月額900円なのでとりあえず始めてみようという方にはあまり向いていませんが、アクセス数の多いサイトを複数運営していこうと考えるならオススメの選択肢になります。

wpx
Wpxはエックスサーバーが運営するWordPressに最適化されたレンタルサーバーです。月額1080円で、初期費用は5400円とやや高額です。ディスク容量が30GB、転送量が50GB/日、MySQLは10個ですね。手軽に高速なWordPressサイトを作成したい人向けです。そのためカスタマイズは少ししづらいようです。

mixhost
アズポケット社が提供する比較的新しい高機能レンタルサーバーです。プランは最低のスタンダードで月額880-980円です。ディスク容量が40GB、転送量が1TB/月、MySQLは無制限ですね。無料SSLもあり、WordPressも使いやすいサーバーです。とにかく転送速度が速いらしく、転送速度を重要視する人向けですね。ただまだ新しいサービスなため安定性は低いようです。現状ならエックスサーバーの方が良さそうですが、今後は要注目かもしれません。

他にもたくさんレンタルサーバーはあるのですが、長くなってきたのでこの辺で終わろうと思います。

まとめ

まとめると、初心者で手軽に始めたい人はロリポップかStar Server、高機能なサーバーを使いたいという方はエックスサーバーが候補になるのかなと思います。ここまででホームページを公開する場所と箱の確保が終わりました。いよいよ次からはホームページのコンテンツ、中身づくりですね。では。。。

-ホームページの立ち上げ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ぱぱっとホームページをつくる(1)独自ドメインの取得・中編

こんにちは、ぐだおです。 前回に引き続きドメイン取得についての話題です。 今日はドメイン取得時の注意事項について書いて行きます。 (1)独自ドメインの取得 ーその2ー 前回、適当にドメイン名を決めちゃ …

ぱぱっとホームページをつくる(3)ホームページを公開する

こんにちは、ぐだおです。 今日はこのホームページの作り方シリーズ(基本編)の最後として (3)ホームページを公開するについて書いていきます。 (3)ホームページを公開しよう レンタルサーバーの設定をし …

ぱぱっとホームページをつくる(1)独自ドメインの取得・後編

こんにちは、ぐだおです。 今日で(1)独自ドメインの取得の回は終わりです。 今日は独自ドメインの取得法について具体的に書いていきます。 (1)独自ドメインの取得 ーその3ー (1−5)どうやって独自ド …

ぱぱっとホームページをつくる(1)独自ドメインの取得・前編

こんにちは、ぐだおです。 というわけで、まずホームページの作成手順です。 ちなみにホームページは和製英語で、英語だとwebsiteとかwebpageって言います。 伝わらなくて以前に恥をかいたことがあ …